[ロ]livedoor堀江社長の主張

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [ロ]livedoor堀江社長の主張
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

livedoor堀江さんとニュースキャスターの問答をテレビで見た(30秒くらい)。テレビの司会者を説得しきれていないのが残念だ。俺ならもっとうまく説明できる!!というわけで説明してみる。
堀江さんの「需要のある情報を提供できる」という主張が、「需要があまりないものは提供しないんでは困る。」っていう方向に解釈されてしまっていて、それを説得できていない。
そうではない。インターネットという「格安で双方向なコミュニケーションが取れるツール」を使うことによって、情報を提供するコストを下げ、「需要が少ないものも提供できる」ようになるはずなのである。
そう、堀江さんがいつも言っているニッチな物が提供できるようになるのだ。「今まで高コストのために重要であったのにもかかわらず、提供されてきていなかった情報」がいつでもどこでも気軽に引き出せるようになるのだよ!!
ああ、説明は難しいねぇ。正直すまんかった。若気の至りということで冒頭の暴言は忘れてくれ。


ところで、社員がホリエモンのことを「社長」とか、「堀江社長」って呼んでいるのがすごくきになる。僕が上司を役職で呼ぶときは「ちょっとそれは無いんじゃないの・・」と思ったときか、飲み代を出して欲しいときだけだから。まあ、それはそれでどうなんだろうかという話もある。
僕はライブドアの社員ってわけでもないので、関係ない話だけれど。
普段、ポータルサイトとしてはLivedoorを利用しているのだが、どうにもあの検索エンジン(J-LISTING)が使い物にならない。さっさとどうにかしないと、この騒ぎが収まった後客が離れるぞ。今ここでガッツリまともにしとけば、たとえ今のが失敗しても客はそのまま使ってくれて且⊂(゚∀゚*)ウマー だろう。
あとあと、「僕は死なないんですよ」発言の真相が気になって夜は良く眠れます。

Popular Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*