[ロ]未踏ソフト最終報告会

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - [ロ]未踏ソフト最終報告会
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

先日『未踏ソフトウエア創造事業 長尾確プロジェクトマネジャー最終報告会』というものが開かれまして、参加自由/無料ということだったので参加させてもらってきました。その様子をばご紹介してみます。プロジェクト参加者はベンチャーから、大学3年生(採択当時)ということで、なかなか若い人たちが集まっています。
どうせこのBLOGを見ているのは俺の知り合いが多いでしょうから、俺の知り合いへの啓蒙活動をかねてます。こんなイベントもあるんだぜー。と。
つまるところ、一緒にや・ら・な・い・か!?ってことです。


長尾PMの元で採択されているプロジェクトは以下の4つ。

「知識・情報共有プラットフォームSOYA」
「人の社会ネットワークを考慮した情報共有のためのアクセス制御環境の開発」
「ユーザ間の主観的センス共感度を用いたWeblog 検索システムの開発」
「ワークフロー指向の次世代文章アプリケーションプラットフォーム」

「人の社会ネットワークを考慮した情報共有のためのアクセス制御環境の開発」に関して僕も若干(ほんとうにちょっとですけど。)かかわらせてもらったので、結果を知りたいとういのもあっての参加です。
この未踏シリーズは「未踏ソフトウエア」、「未踏ユース」の2種類があるらしい。
未踏ユースは28歳まで。金額は300万円までが限度。オレは後少しで期限切れです。
未踏ソフトウエアは300万〜1500万程度。大体700万くらいが多いみたい。
・新規性
・デザイン
・開発スピード
が問われてる。だけど、本当に「lこれは新規だっ!」というんじゃなくても、ある点において別のものよりも優れていれば良しとしている感じ。これは、PMの方もおっしゃられていたけれど、判断が難しいためPMの方に一任されているとのこと。
会場にきている方々は学生さんとベンチャ企業の方々、そして過去の未踏実施者の方々がきていて、あまり一般参加で見に来る人はいない感じでした。
んで、実際の発表ですが、ネットワーク接続がうまくできずドタバタがありました。つながった後の長尾先生の一言
「ネットワークにつながっただけでこんなに安心できるのってやばいよね。人間以下だよね。」
わかるわかる。(w
さて、本番の『人の社会ネットワークを考慮した情報共有のためのアクセス制御環境の開発』についての議論が「なるほどねぇ、こう考えていくんだなぁ。」と感心した。このプロジェクトはすごく簡単にぶっちゃけていうと、「SNSでの自分の書いた日記を誰に読ませて、誰には読ませないかを自動的に制御する仕組みの開発」です。
この発表に対して「情報共有のためのアクセス制御」ってそもそも必要なの?という問題提起があった。
『自分の情報を自分でコントロールをしたいなんてだれも思っていない。誰かにコントロールしてもらいたいと思っている。なぜそんなことをいうかというとSNSみたいな、友達の友達は信頼できるなんて信用の置けないゴーストに情報のアクセス権をゆだねちゃっていることからもわかるんじゃないか。』
という主張が公聴者の中から出ました。
んで、別の人から
『BLOGにプライベートな情報をとにかくだすって状態はそろそろやばいんじゃないか。そういうのはみんなわかってきている。だからとりあえず隠せてるチックなSNSがひろまっているんじゃないか。でも実際のところSNSの現状の仕組みで安心かというと安心じゃないんだ、ということは感じていると思う。だから、この研究で実現できる自動的なアクセス制御の仕組みがうまく動くと嬉しいね。』
とのフォロー?
あぁ、こういうのですよ。こういう議論がしたいのでつ。正しいか、正しくないかというのはあまり重要ではなくて議論をすることがそれだけで重要であるのよ。なかなか仕事上ではこういう議論をする場が無いんだよなぁ。
『ユーザ間の主観的センス共感度を用いたWeblog検索システムの開発』では、「このブログ好きです、嫌いです」と登録していくと、その結果を共感度に反映してお勧めのブログから優先的に検索を行ってくれる仕組み。
ここでも楽しげな意見が出た。
このブログの意見には全くアグリーできないけど、そういう自分とは全く相容れないこのブログを評価している。という場合があると思いますが、その場合、好き嫌いで登録しておくとキライ。ですよね。検索の優先度下がっちゃうんですか?
→意見に対するアグリーではなく、そういう記事を読みたいかで評価すべき。○×△じゃなくて、自分にとって「役に立つ」「たたない」等もうすこしわかりやすい名称にしたほうがいいかも。
最後に、『ワークフロー指向の次世代文章アプリケーションプラットフォーム』が一番楽しかった。発表者のプレゼンがリズムがあって聞きやすいというのもありました。話をでっかくして、現実的なところからやってくって感じの人ですね。
アーティクル直交化の話はとても興味深かった。イメージとしてはWinFSとか、スマートフォルダ、スマートメールフォルダという考え方と同様。今回の期間では、Webアプリケーションの各アーティクル(ブログのコメント、メッセージ、自分の日記)を一気に検索がかけられるようにするエンジンを作成したってかんじかな。検索自体はもちろん従来からできるわけだけど、それを、いちいちコメントだ、日記だと意識せずにまとめて検索できるところが開発者として嬉しい。ってかんじ。
自分の知識不足、理解不足でとんちんかんなことになっていたり、主題と違うところに着目してたりするかもしれませんが、それはそれでということで(汗
何かご意見がありましたら何なりとコメントか、メールまでお願いいたします。

Popular Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*